So-net無料ブログ作成
旅-Switzerland ブログトップ

番外編: 見かけた変なもの [旅-Switzerland]


ハイデンにて。
あのーこれってスウェーデンの有名なアレじゃあ・・・?スウェーデンで見ることができなかったのに、まさかスイスで見ることになるとは。確かにこれの話をしてくれたおばさんが、「ドイツ人によく盗まれる」と言っていたけど、ここはスイスです。じゃあここはドイツ人の家なのか?


グリンデルワルトでは変な物をいっぱい見かけた。スイスの片田舎にあふれる日本語。英語の案内でさえ付いてないこともあるのに、いきなりこんな山奥で日本語を目にすると、びっくりする。

 
(左)一見サンドイッチにみえるけど、挟みおむすび・・・?ていうか、こんなところでも米を食べたいと思う日本人がすげえな。
(右)うどんだって食べられます!しかも当店オリジナルです!

海外の他の地域と違って、ここは中年や年配の方が特に多かったので、特に需要があるんでしょうね。ええ、金のない私なんかじゃ、ぶつぶつ言いながらも、パンとチーズで我慢しちゃいますから。


こんな山に見下ろされたら、さぞ素敵なTシャツができるに違いない。

注意: 心臓の悪い方、気持ち悪い物を見たくない方はクリックしないように。

 

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

ユングフラウにあこがれて [旅-Switzerland]

母が数年前にスイスに旅行に行って、「ゆんぐふらうよっほ」という訳の分からない言葉をつぶやくようになってから、なぜかその単語だけ覚えてしまった。しかも「ユングフラウヨッホは乙女の肩って意味なんだよ」とか変な知識だけインプットするので、行ったことないのに、妙に詳しくなってしまったのだ。今回、ユングフラウヨッホは(値段が)高すぎて行けないので、(だって上るだけで172SFrですからなー)しかも、ユングフラウに登ったら、ユングフラウ見えないやんけっつーことで、シルトホルンの展望台からEiger、Mönch、Jungfrauの有名な3山を見ることにしたのだ。Mürrenの村に着いた時点で、またもやなんじゃこりゃーーーー!!!???って感じはしてた。

着いてみたら、本当に何じゃこりゃーーーーー!!!??だった。

 

続きを読む


コメント(5)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

半日村 [旅-Switzerland]

自分で決められなかったから、ユースのおねいさんに、Männlichenメンリッヒェンと Schilthornシルトホルンどっちに行った方が良いか聞いてみた。前日にBussalpから3山を見てたので、そしたらメンリッヒェンからの眺めもあんまり変わらないよ、シルトホルンはすごく遠いけど、LauterbrunnenラウターブルンネンからMürrenミューレンまでの道はすごく特別だし、時間があるなら絶対こっちがおすすめ、と言ってたので、素直にシルトホルンに行くことにした。

確かに特別だった。
右も左も3000から4000M級の山に囲まれて、谷間の底の方にかろうじて、道や家があることは同じだったけど、グリンデルワルトよりずっと幅が狭いし、斜面が急だ。しかも10時ぐらいにこの道を通ったので、普通の土地ならもう全体に日が差してておかしくない時間なのに、高すぎる山のせいで、谷まで日が差さない。

 
(左)この日は雲一つない晴天、午前10時時点で画面右上の明るい部分にしか日が差していない。
(右)ミューレンに登るロープウェー乗り場。谷の幅が更に狭まってほぼ溝のよう

 

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

日本人村アルプス支部 [旅-Switzerland]

スイスに来たら、やっぱ山見なくちゃ!!ってことで、基本的にほとんどハイデンを歩き回っていたんだけど、滞在中1日だけ遠出することにした。本当はマッターホルンを見たかったんだけど、遠すぎるので、ベルナーオーバーラントにかの有名な3山を見に行くことにした。


朝日の当たる、3山のどれか(死)

 
(左)グリンデルワルトに到着した時点では、まだ空はどんより曇っていた。この重々しい空気が、よりアプンツェル辺りとは違った雰囲気を醸し出していた。
(右)みんなハイキングや登山目的できてるので、服装がそれなりだ。

 

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Appenzellerland [旅-Switzerland]

週末にSともう一人日本人のクラスメイトのNとアプンツェルにドライブに行く。
基本的に峠の道なんで、箱根がなんぼや!っつーかんじのヘアピンカーブありまくりの路程であったが、その道をマニュアルカーですっ飛ばすSがかっこいい。(笑)


何気なく車窓から写真を撮って、後で見たらおどろいた。なんだこの景色は!!!まるで絵じゃないか!?

 

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

自然と共存するのどかな村 Heiden [旅-Switzerland]

語学学校で(彼女の英語能力を考えると)奇跡的に同じクラスになり、意気投合した友人Sはハイデンという、ドイツとの国境にある湖の畔の村に住んでいるらしい。確かに羊や牛を見てうれしがる私を見て、「そんなん何が楽しいんじゃ?」みたいに言ってたけど、まさか家の窓から牛が見えるとは・・・。つーか隣が牧場だとは・・・。


友人の家の周り


遠くに見えるのはドイツとの国境にある湖


隣の牧場


なんと!これが泊めてもらった部屋からの景色。まさにファームビュー


村の中心部から10分ぐらい歩いたところ

 

続きを読む


タグ:旅行 スイス
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ライン川に抱かれた街 ~Basel & Schaffhausen~ [旅-Switzerland]

バーセルとシャフハウゼンは、どちらもライン川のほとりにある中世に築かれた小さな街。(バーセルはスイスの中じゃ大都市らしいっすけどね。) 地理的にもドイツに近いし、ハイデルベルグとかと似てる感じがした。そういえば、何年か前にドイツに行ったときも、ライン川下りとかしてたっけ。つくづくライン川のヨーロッパの歴史における重要性に気づかされる。


トラムが走る典型的な中世都市のバーセル

 
(左)他の国ではあんまり見かけない(気がする)噴水?
(右)石畳と猫

 

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

1年で2回目のホリデー [旅-Switzerland]

8月23日から10日間、スイスの友人の家に遊びに行ってきました。
北欧もそうだったけど、スイスの写真の撮り甲斐のあることと言ったら!!!
おじさんが一眼レフかけて、かけずり回ってる気持ちがわかりました。
そして、気に入った写真を抜き出してみて、思った。

これは立派な写真集になるではないか。一人で見るには勿体ない。

悲しいかな、いつの間にかメモリーカードのデータがぶっ壊れてて、気に入った写真がいくつか逝ってしまったんだけれども、よろしければご覧ください。
そういえば、今回の旅行で(やっと)晴天の日に、むやみに解放で撮ってはいけない。と言うことをカメラに教えられました。_| ̄|○ 今まで冬のヨーロッパで撮ることが多かったから、別に解放だろうが何だろうが(つーかこのレンズのスペックでは)効果が現れなかったんだけど、晴れると。。。ピントの合う範囲が狭い・・・。今頃何言ってんだつー感じだけど、だって趣味だもーん。後半からは景色はちゃんと∞にして撮ってます・・・。
後つぶやきついでに、曇りの日のKissDの露出測定のしょぼさは、どうにかならんのでしょうか?こいつに限らず、曇りの日は白っぽくなっちゃうもんなんですか?いちいち手動で露出いじるのめんどいし。曇りの日に撮った写真はPanaのLumixに劣る事がしばしば・・。いいのかよ?

目次
ライン川に抱かれた街 ~Basel & Schaffhausen~
自然と共存するのどかな村 Heiden
Appenzellerland
日本人村アルプス支部
半日村
ユングフラウにあこがれて

番外編: 見かけた変なもの


コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

ただいま [旅-Switzerland]

ただいま。昨日未明スイスから帰還。空港のセキュリティーが今までになく厳重で、飛行機に搭乗の前には一人一人エクストラボディーチェック、荷物検査され、かなりげっそり。つーかだらだらやってるから、水持ち込めないのに、のど渇くしよ!!しばらくはイギリスから出たり入ったりしない方が良いみたい。

10日間友達の家で田舎生活を堪能してきました。窓の外には牛がいたり、村には一個も信号がなかったり。(つーかそもそも村ですからね・・・)無意識のうちに♪口笛はなぜーとおくまできこえるのと口ずさんでる始末。

 
絵はがきじゃないっす!!


タグ:旅行 スイス
コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
旅-Switzerland ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。